生まれてこの方、人の言う色恋沙汰の感覚を私は掴めないでいるらしい。らしい、というのは、結局のところ掴めていないが故に、正解がわからないので『らしい』と表現する他無い。

ヘテロセクシュアルでないと自覚したけど、レズビアンとはなにか違う

子供の頃は少女漫画誌を愛読していたこともあって、フィクションの恋愛描写はそれなりに見聞きしてきた。しかし、両思いのシーンになると何故か物語としてはクライマックスのはずなのに、面白みを感じなくなったり、クラスメイトが執拗に憧れの先生にアタックしていく姿に不思議を通り越して不気味ささえ感じた。

周りが話題にしていたのをきっかけに、異性の誰が、もしくはどこが『好き』か? という事を考えてみたこともある。しかし、私が思う『誰々が好き』は、総じて『面白いから』『親しみやすいから』という、愛情に並ぶ印象とは遠いものだった。

そんな私が高校生になるかならないかの頃、ふと手に取ったレズビアンのエッセイを立ち読みしてセクシャルマイノリティという概念を知った。そこから自身がヘテロセクシュアルでないと自覚したものの、レズビアンとはなにか違う気がする。確かに女性の事を好きになる事は多く、男性はどちらかというと嫌悪感があった。とはいえ、印象の良い男性も居ないわけではなく、『女性と付き合う自分』もいまいち想像がつかない。

それでも興味が完全になかった訳では無く、一時は便宜上にレズビアンを名乗って恋人探しをしてみたり、ビアン向けのコミュニティを覗いてみたりもした。

私が求めるのは、一般的に男女が交わす惚れた腫れたの関係ではない

しかし、結局出会いを求める相手から当然ながらに恋愛感情を向けられると、私が感じるのは、なにか違う、嫌悪感や違和感のそれだった。好かれること自体はとてもありがたいものと思うが、そこに下心が見え隠れしているとどうしても身を引いてしまう。男女関係なく、いきなり身体の写真を求めてくる相手も居た。これは流石にマナーに欠けた相手を引き当ててしまったに過ぎないのだろうが、身体だけを求める相手は自分と真逆に居る存在だった。そのメッセージを前に、ただただ『身体だけが欲しい』というその価値観の違いに驚くしかなかった。

その当時まだ、私にアセクシュアルの概念はなかった。一般的認識も薄く、『無性愛者』という表現はあったものの、これは『完全に性的欲求や恋愛感情の無い人』という意味合いが強い。私は性的接触については曖昧なものの、性的なフェチは持ち合わせて居たので定義に悩まざるを得なかった。

果たして、性的なフェチは『性的欲求や恋愛感情』に含まれるのか? を、散々に考えてはみたものの答えは出ず、未だ『これ!』という名乗るセクシャリティは、大人になった今でも見つけられていない。近しいとは思っても、果たしてアセクシャルを名乗っていいのかも曖昧だ。

確かに私が求めているものは、一般的に男女が交わすような惚れた腫れたの関係ではない。恋愛感情をもってして接せられるとどうにも重たく感じてしまい、応えられない自分が情けなくなる。例えば、マメに連絡を取り合って何時間も雑談をするといった、愛があって初めて成立するコミュニケーションはとてもじゃないが出来ないと思うし、そこにときめく経験も希薄だ。勿論それは、私を好きになってくれた人が悪いわけでも、恋愛が出来ない自分が悪いわけでもない。

セクシャルマイノリティを明確に自覚する前から口癖としていた理想は

ただ、私には人から貰う愛が重たすぎて消化できない。誰かの恋愛感情に胃もたれしたくはないのだ。

そんな曖昧な性自認の中、セクシャルマイノリティを明確に自覚する前から口癖としていた理想がある。
それは『漫才の相方のような同性パートナーが欲しい』という言うものだ。

子供の頃に感じていた『面白い人』『親しみやすい人』が『好き』であるという定義は間違いではなく、それは恋愛感情とは別の『情』だ。先の例えで言えば、同じコミュニティに属する人と同じ趣味を分かち合う為に遊びに行く、というシチュエーションは普通に楽しめる。結論として、自分と同じ位置に立ってくれるような価値観の共有相手をパートナーとして選びたい。友達以上恋人未満、という言葉が一番近いような気もするが、やはりこの言葉も恋愛ありきだ。

そしてこの理想を叶えるためには、何を変える必要がないにしても名前が無くては誰にも伝えられない。
私はこの感覚に、どういう名前をつけたら良いのかわからないままで居る。