学生の頃、目の大きさに常に固執していた私は、大人になって全くメイクをしないでも気にせずに外に出られるようになった。
今も自分の容姿で苦しんで人はいるのだろうと思い、私の経験を記してみる。

二重が「美しい」基準であるこの国で、一重はコンプレックスになった

私は中学生になった頃くらいから、一重であることがコンプレックスになった。
自分の見た目が嫌で、自分の顔がとにかく嫌いだった。二重であることがこの国での美しいことの基準のようになっていたからだ。
今でも電車にのれば、美容形成外科の広告で「毎日、二重作るの大変そうですね」「最近二重にした人増えたらしいですよ」などと書いてある広告がある。
一重の私からすると、二重にするべきなんだというプレッシャーを感じたり、一重であることを否定されているように感じる。

私の母はいわゆる“目が大きくて”美人な人で、私は母と顔が似ておらず、駅で知らないおじさんに「似てない親子ですね」と言われたことさえある。
クラスを見渡しても、みんな二重、もしくは奥二重。雑誌で「一重さんメイク」という特集にでている人も、よくみると実は奥二重なことが多い。そして、いつも周りの二重の人たちが羨ましかった。

一重で傷ついたことといったら、高校生の時に、職員室の前に立っていたら、全然知らない男の先輩が友達に「あの子ブスだったな」といっていたのが聞こえたり、女子から遠回しに一重で可哀そうみたいな言葉をかけられたり、挙げだしたらキリがない。
だから、“二重である”ということは私にとってものすごく大きな意味をもっていた。

二重の子に言われた「お互い一様だよ」のデメリットに感じた違和感

そして私は、自分の自尊心を守るために高校生の時に、アイプチを始めた。
瞼の上のそのたった一本の線があると心が満たされたし、私も他のみんなと同じになれたような気がした。

男子からブスだからと他の女子よりぞんざいに扱われる機会が減った気がしたし、なんとなくイケてるグループの女子からも、仲間外れにされない気がして、その線が私の自己肯定感を守ってくれた。

二重の子に二重が羨ましいというと、「でも二重だと、二重の間に汗がたまるんだよ」「二重だと疲れてる時に眠そうに見えるんだよね」と、一重であることで受ける様々なデメリットと比べると、しょうもない悩みを言う。
おそらく、二重でも大変だからお互い一緒だよと言いたかったのだと思う。
でも今思うと、これってBlack Lives Matter(黒人の命は大切)といった運動での考え方に似ているんじゃないかと思う。

例えば、Black Lives Matterでいえば、私も含め結構多くの人たちが、「自分自身は黒人の人たちを差別的な目で見たことがないのに」という感覚でこの運動に接していたと思う。
でも色々と調べているうちに、黒人の人たちが、実際に受けてきた差別は想像以上に壮絶で、この差別は命にさえ関わる深刻な問題なのだとわかった。

だから、外部の人たちが、「私だって差別受けることあるよ!自分たちだけが差別を受けてると思わないで」というのはナンセンスだし、逆にそんなことを部外者として言えること自体がその人たちの“特権”で、差別を実際に体験することのない人たちが、そんな無責任な発言をしてはいけないのだと学んだ。
「ホワイトプリビリッジ(白人の特権)」という言葉も、この運動の時に頻繁に使われたが、差別を体験せずに外側からコメントすることができること自体が“特権”なのだと気づいた。

高校で感じていた「可愛いの定義」は大学に入り、自由になった

二重の子たちが私にいう「二重も大変なことあるよ」というのは、これに近い部分があると思う。一重ということで受けるいじめや、社会的な劣等感を感じることのない人たちが、簡単に「私たちだって大変なことはある」などと言ってはいけないと思う。

そんな二重に強い思い入れがあった私が、なぜか大学に入ってからアイプチをしなくなった。
日本の高校では、ある一定の可愛いの定義があって、それをもとにスクールカーストが決まるが、大学になると急に自由になる気がする。それぞれが自分と合う人と自由にいればいいという雰囲気だ。

そんな自分のスタイルが尊重される環境で、他人の基準ではなく、私はどう思うのか?私のスタイルはなんなのか?と考えてみると、私は自分が一重であることが好きなことに気づいた。
自分が好きなスタイルは、二重になることで達成できるものでもないし、私には私に合う見た目があると信じていたから、周りがどう思ってもどうでもいいと思った。

そんな過去に見た目のコンプレックスを抱えていた私は、化粧品に関連する仕事についた。
しかし、寧ろすっぴんでいる機会が増えたと思う。

人に隠すものなんてない。自分の美しさの基準は自分で作っていく

化粧品会社に入って、よりルッキズムに対して考える機会が増えたし、女性のエンパワーメントの重要性を思うようになったからだ。メイクをしないと社会人として恥ずかしいなんて考えはおかしいと思うし、あくまで私が自分を整えたいという気持ちが湧いた時にメイクをする。
自分を表現したいと思ってメイクをする。誰かに誰かの基準で綺麗と思ってもらうためにはメイクをしないと決めている。

なぜなら、他人の基準なんて人によって違うから、誰かにとっての美しい自分を追い求めると、いつまでも傷つくことになるからだ。他人の基準を生きている限り、一生、自分の人生を生きられないことを、過去の経験から気づいたのだ。

日本のお客さんは「私は目が小さいから」「睫毛が薄いから」とネガティブな思考からメイクをする人が多いように感じる。
そんな時、自分がたくさん見た目の中傷を受けたからこそ、自分が言われたかった言葉や、私が人生で培ってきた価値観でその人に接するようにしている。

その人の顔にはこんな特徴があって、それがとても魅力的だから、それをこういう風に見せてはどうかと新しい視点を提案するのだ。
何かを隠しましょうという方向性では話さない。だって、人に隠すものなんてないし、しみもしわも、一重も、鼻の下の毛も全てその人の魅力で、全て美しいからだ。

これを読んでくれた人がどうか、自分の美しさの基準を作って、他人の基準なんかで自分を評価せず、本当に自分が美しいということに気づいてくれたらいいなと思ってこれを記す。