私は、20代前半からアラサーの今に至るまでに、散々な恋愛をしてきました。あまりの運の無さに、友人からは「わざと選んでる?(笑)」と疑われるほどに、色々な角度のダメンズと付き合ってきました。
きっと、その頃の私にもダメなところがあったと思います。恋愛感情はただの依存でしかなく、常に不安と不満が交互に現れていました。だから、出会う人全てが大きな問題を抱えていたと思います。

◎          ◎

20代前半は浮気をされることが多く、気づけば都合のいい女としてのレッテルが貼られていました。どこかで「あいつは都合よく使えるぞ」という宣伝がされていたのではないかと思うほどに。
20代も中盤に差し掛かると今度は、自己中心的で夢を追いかける自由人か歯のない人に出会うことが多くなりました。マッチングアプリを利用する頻度が増えた頃には、バックパッカーばかりにいいねされることも多くなりました。
私自身も自由を求め、夢を探し始めた頃だったので、同じような人間が近づいてきたのだと思っていました。
そして、20代後半になると、謎の社長と会って経営の話を聞いたり、セミナーに行ったりする人とも会う機会が増えました。そして、私も謎の社長とカフェで話を聞く機会が増えていきました。

この頃には、全てのことがどうでもよくなり始めていました。結局、恋愛も仕事も上手くいかず、自分が何をしたいのかも分からなくなっていきました。
さらに、興味もない話を数時間にわたって聞くだけの時間に正直うんざりしていました。
だから、私はきっとこの先独身を貫き、人生の意味もわからず、時間だけがいたずらに過ぎていくのだろうと覚悟を決め始めていたのです。
そんな姿を見て、友人は「恋愛だけが全てじゃないよ。きっとあなたに合った何かがあるはず。今は焦り過ぎて周りが見えなくなっているだけだよ」と言いました。
この言葉の意味が、私には分かりませんでした。友人は、すでに家庭を持っており、目に見える幸せを手に入れていたから。私の気持ちなんてわかるはずがないと卑屈になっていたのだと思います。

◎          ◎

迷走期は一年以上も続きました。もう、アプリも消して、何も考えないようにしようと思っていた頃、彼に出会いました。「もうこの際、誰でもいいや」。そんな感情すら生まれていました。
月日は流れ、私は、この時出会った彼と結婚することになりました。理由は沢山あるけれど、一番の理由は、同じ運命を辿ってたから。そして、多くの悲しみを乗り越え、信念をもち突き進む姿を純粋にかっこいいと感じたからです。

彼にも夢がありました。しかし、上手くいくことはありませんでした。恋愛も裏切られることがほとんどでした。
しかし、彼は常に前向きに挑戦し続けていました。そんな姿を自分と重ねては、勇気をもらっていたのかもしれません。
だから、私は決意しました。過去の自分に別れを告げることを。負の感情だけを拾い上げ、できない理由を探し続けていた頃、愛されない悲しみを独り心にぶつけ続けた私を振ったのです。
「今までの私は、もういない。だから、過去の記憶にもがき続けることも今日で終わりにしたい。もう、前を向いて生きて行きたいんだ。だから、私と別れてほしい」
そう告げて。
振られ続けた最終着地点は、自分自身を振り、過去と決別することだったのです。やりたいことを見つけ、もう一度自分と向き合う覚悟を決めました。

◎          ◎

もう、あの頃の私とは違う。
過去を振り返ることで、当時の苦しみや悲しみを浄化する意味もあるのです。かつて、独りで生きていくことを決めた頃とは全てが違って見えています。
今でも、上手くいくことばかりではない人生に迷うことがあります。しかし、私にしかできないことがある。そして、かつて味わった屈辱の数々は、彼と出会い最高の宝となったのです。私は、何年経っても諦めず、自分の決めた道を貫いていこうと思います。
そして、いつか彼らにこう言いたい。
「あなた達にされた屈辱的な行動のおかげで今があります。そして、私の変わった角度からの復讐に今度は、震えて待っていろ」と。