夏、終わりましたね。
編集アシスタントをしている夏帆です。突然ですがみなさん、最近「失恋」はしましたか?
わたしはしました。2年間のラブラブdaysは突如幕を閉じました。ぐすん。秋風が切なさを増幅させます。

かがみよかがみでは、一般の女の子からのエッセイを主に掲載しています。毎日ぎゅっと想いの詰まったエッセイが届くので、その熱にたまに押しつぶされそうになりながら編集作業をしています。わたしも以前1本エッセイを書いたのですが、それ以来、どうも筆が進まない...。エッセイって自分の感情と向き合う必要があるからこそ、つい日々の忙しさに流されると向き合うことを後回しにしてしまい、執筆に至らないものなんだな、と最近痛感しています。

「エッセイ、書いてみたいけど、なんだか書けない」
「書き始めたけど書ききれない」

そんなあなたももしかしたら、過去の経験や、当時わき起こっていた感情をもういちど見つめ直す時間がとれていないだけなのかもしれません。

でもそれって、ひとりではなかなかできないと思うんです。スマホとか見ちゃうし。

対話で、自分と向き合う時間に

「失恋したらどうする?」「短歌を詠む」「歌にしてCDを出す」など、失恋の乗り越え方も十人十色

そこで、「かがみ女子会」をはじめました。

あるテーマに沿って、同年代の子とおしゃべり。ゆるゆるケラケラ、ときにしんみり。経験をシェアする過程でうまれる新たな感情、他者の話を聞くからこそ改めて気づく自分独自の価値観。一人では気づけなかった心の機微を、対話を通してなら見つけることができるかもしれません。

第1回の「失恋女子会」では、ワークをとおして自分のなかに隠れていたそんな「エッセイの種」を見つけていきました。
話題は失恋にとどまらず、セックスやフェミニズムの話まで多岐に渡りました。
参加してくださった方からは「書くアイディアが見つかった」「話しても話し足りない、聞いても聞き足りない」といった感想が寄せられました。

前回の失恋女子会の様子はこちら。とっても盛り上がりました…!

10月30日に第2回開催!

失恋女子会は第2回を開催します!
エッセイ執筆の息抜きに、自分の感情の整理に、元気もりもりな伊藤あかり編集長に会いに、
ぜひいらしてみてください◎

ご参加の際は、下記フォームよりお申し込みください!

◆日時
10月30日(水)19:00~21:00

◆会場
朝日新聞東京本社
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
都営地下鉄大江戸線築地市場駅「A2」出口すぐ
Googleマップ https://goo.gl/maps/maAL8QBAiSs8vkCu5

◆参加費
無料

◆お問い合わせ
かがみよかがみ編集部 公式LINEにて承ります。
友だち登録はこちら

お申し込みフォームはこちら