かがみよかがみは、「SNSがあるから」のテーマでエッセイを募集します。

SNSで性被害を訴えた#MeTooが世界的なムーブメントとなるなど、SNSの新しい可能性が広がっています。一方でSNSでの交流、出会いの危うさや、プライバシー侵害・性的被害といった面も出てきています。
あなたのSNSとの向き合い方を、ぜひエッセイで教えて下さい。締め切りは4月19日です。

エッセイ募集にあわせ、明治大学で「ジェンダーとメディア」などの研究をする田中洋美准教授にお話を聞いてきました。

今回、田中准教授とのSNSをテーマにした座談会の開催を5月中旬、東京都内で予定しています。参加希望の方は投稿時に「座談会希望」と明記して下さい。
5人くらいの人数で、思ったことを安心して話せる環境を整えます。
座談会の様子は記事などで配信させていただく可能性もありますが、その際も、ご本人の意向を尊重し、写真を掲載しない・匿名化するなどの対応をとらさせていただきます。

◆SNSがあるから
・リアルでは出会えない広い世界とつながれた
・知らない人だからこそ、話せたこと
・友達と比べてしまった経験
・前の恋人の投稿をつい追っていた

……などなど、あなただけの体験をぜひエッセイにつづってみませんか?

このテーマに届いたエッセイは編集部で読ませて頂き、すてきなエッセイには「かがみすと賞」をお贈りします。

<応募要項>
◆対象:18歳から29歳の女性
◆1500字程度
◆エッセイ本文の冒頭に、投稿したいテーマのハッシュタグを記入してください
◆ほかのSNSやブログなどに掲載したり投稿したりしていないオリジナルコンテンツに限ります

応募規約を読んでご同意いただき、下記の応募フォームから、タイトル、エッセイ本文、サイト掲載用のプロフィール、掲載時の謝礼(クオカード1000円分)配送用の住所などを記入してください。また、田中准教授との座談会に関心のある方は、あわせて明記して下さい。

締め切り:SNSがあるから 4月19日(日)

<応募方法>
応募規約を読んでご同意いただき、下記の応募フォームから、タイトル、エッセイ本文、サイト掲載用のプロフィール、掲載時の謝礼(クオカード1000円分)配送用の住所などを記入してください。