お申し込みはこちら

2年ぶりとなるかがみよかがみによる読書会。今回、かがみすとのみなさんと読みたい書籍は『Believe It』(東洋経済新報社)。

内容は、ジェイミー・カーン・リマさんという米国の女性起業家の自叙伝。ジェイミーさんが裸一貫から化粧品会社をつくってロレアルに同社史上最高額1500億ドルで売却するまでを描いた「葛藤と情熱と苦悩」の赤裸々ストーリーです。――そう聞くと、硬いビジネス書をイメージしてしまうかもしれませんが、そうではありません。著者のジェイミーさんは、肌が赤くなる遺伝性の疾患「酒さ」を発症したことをきっかけに化粧品会社を創業しました。彼女は自社商品の広告宣伝で華美なスーパーモデルを使わず、太った人などさまざまな体型の人や皮膚トラブルのある人などをモデルに使って「リアルな女性のためのリアルな化粧品」として売り出しました。この書籍はルッキズムに支配される美容業界のなかで、業界の重鎮から総スカンを食らっても、等身大の自分でいたい・仲間や家族と歩いていきたい、という信念を貫いてきた彼女の生き様が、公私にわたり、ストーリータッチで語られます。

著者のジェイミー・カーン・リマさん©Alexandre Weinberger

キャリアだけではなく、見た目、家族、恋愛……かがみよかがみに寄せられたエッセイに通ずる悩みがこの書籍のなかでも語られています。飾らないジェイミーの言葉に救われる方も多いはず。多くのかがみすとたちにこの本を届けたいと考え、今回、東洋経済新報社さんとコラボして読書会を開催することにしました。

今回の読書会のゲストは、Z世代の論客ヒオカさんと、本著の担当編集者の佐藤朋保さん。これまで貧困問題に当事者として声をあげてきた、ヒオカさんもジェイミーの生き方に共感したひとり。「美容業界の慣例を変える挑戦というのが熱いですよね。
すごく力をもらえる本です」と話しています。

参加者には本書『Believe It』をプレゼントいたします。ご一読のうえ、イベント当日ご参加ください。

開催概要

日時:2022年11月5日(土)14:00~15:30
会場:朝日新聞東京本社 
アクセス:https://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11050854

定員:50人
参加費:無料
対象:どなたでも
備考:参加者には本書をプレゼントいたします。イベント当日までにご一読ください。本イベントには取材・撮影が入ります。

お申し込みはこちら

※2022年10月16日(日) 23:59 締め切り

応募者多数の場合は抽選になります。当選の発表は、メールでのご案内をもって代えさせていただきます。

トークテーマ(予定)

・『Believe It』を日本でも読んでもらいたいと思った理由
・自信を持ちにくいのはなぜだろう?どうしたら自信を持てるようになる?
・業界の慣習(既成概念)を変えるために、どう抗っていく?
・参加者からのQAコーナー

主催 東洋経済新報社、かがみよかがみ編集部

ゲスト:ヒオカさん

ヒオカさん

1995年生まれ。noteで公開した自身の体験「私が“普通"と違った50のこと――貧困とは、選択肢が持てないということ」が話題を呼び、ライターの道へ。 “無いものにされる痛みに想像力を"をモットーに、弱者の声を可視化する取材・執筆活動を行う。mi-mollet(ミモレ)、婦人公論.jpで連載を持つ。初の書籍、自身初の著書『死にそうだけど生きてます』(CCCメディアハウス)を刊行。

ゲスト:担当編集者、佐藤朋保さん

佐藤朋保さん

東洋経済新報社に入社後、20年以上にわたり書籍編集に携わる。経済書・経営書の編集を続けながら、2012年から翻訳委員会委員長として翻訳書を手がける。これまでに担当した主な翻訳書籍に『ライフ・シフト』シリーズや『ワーク・ルールズ』『シュードッグ』『サードドア』『ビリーブイット』など。

MC:伊藤あかり(かがみよかがみ編集長)

伊藤あかり

2009年朝日新聞入社。奈良、徳島で記者、大阪で紙面編集を経験。社内の新規事業創出コンテストに応募し、19年8月に「かがみよかがみ」を立ち上げ、編集長に。

お申し込みはこちら

お問い合わせ先
かがみよかがみ編集部お問い合わせフォーム