特集:私の「ひとり」の楽しみ方

一人で出かけるようになって気づいた、「少しのオシャレ」と心の余裕

私の「ひとり」の楽しみ方

私の「ひとり」の楽しみ方

この特集の記事一覧へ

私は一人の時間が好きだ。正確には「好きになった」。
昔は、一人で他人の目に映るところにいるのが嫌だった。周りの人から「あの人一人でかわいそう」みたいな目を向けられているように感じていたからだ。

しかし、新型コロナウィルスが流行し、「他人とあまり会わないように」と言われるようになった。カフェに一人で行っても、周りは一人の方が多い。
気が楽だった。一人でお気に入りの飲み物を飲み、やることをやったり、メッセージを打ったり……。新型コロナウィルスのおかげで、私は一人で外を歩けるようになったと言っていいだろう。この部分だけは新型コロナウイルスに感謝している。

いつもより少しオシャレをするだけで、周りの目を気にせず歩ける

それでも、未だに一人で出かける時にできないこともある。
まず、休日など人の多い時に一人で出かけることは苦手だ。休日は、友達や家族と一緒にいる人が多く、一人でいる人が目立ってしまうと思うからだ。
また、洋服屋さんに一人で入るのも苦手だ。ユニクロやGAPなど、カジュアルな洋服屋さんは入りやすいのだが、かわいい洋服が置いてあるお店は入るのに抵抗がある。おそらく、「店員さんに話しかけられそう」「こんなシンプルな服装してる人が、かわいい洋服を見ているのは変なんじゃないか」と考えてしまうからだろう。

そんな私が、一人で出かける時によくやることがある。それは、いつもより少しオシャレをすること。
イヤリングをつけてみたり、黒以外の服を着てみたり、お気に入りのコーデを着たりする。いつもより少しオシャレな自分にすることで、自分に自信が持てる気がするのだ。
最近は、初めて大きめのイヤリングを購入した。大きめのイヤリングをつけるだけで、いつもより自分が華やかに見えた。とても不思議だった。

それ以来、都市部に出るときは、この大きめのイヤリングをつけるようになった。おかげで少しだけ自信を持ち、周りの目を気にすることなく歩けていると思う。一人で出かけるようになってから、オシャレを楽しむようになったと感じている。

平日に出かける選択は、一人で出かける心の余裕が生まれるキッカケに

一人で出かける時に心がけていることは他にもある。出来るだけ平日に出かけることだ。
平日だと、周りも一人の方が多い上に、人が少ないので気が楽だ。また、カフェでお話してる人や、観光地に行く人も少ない。
私は動物園・水族館やカフェに行くのが趣味だが、休日はどれも家族連れやカップルで賑わう場所だ。私は、家族連れやカップルが周りに多くいる所に一人でいるのが耐えられないため、人が少ない平日を狙うようにしている。

このように平日に出かけることで、徐々に一人で出かけられるようになり、その結果少しオシャレを楽しむようになった。一人で出かけられるようになったことに新型コロナウィルスのおかげがあるのは確かだ。徐々に人出が増えてきているが、「徐々に」のため、慣れることができたのだろう。

一人で出かけるメリットがあるように、誰かと出かけることも良い

一人で出かけることのメリットは、自分のペースで動け、自分の好きなものを見られることだと思う。誰かと一緒ではないことで、「自分はどうしたいのか」という気持ちを大切にできている気がする。その反面、一人でいることで、周りの人からの目を気にしてしまったり、複数人でいる人たちが多い所には行けなかったりする。
ここ最近一人で出かけてみて思ったことは、「誰かと一緒でないと行けないところもあるなぁ」ということだ。例えば、遊園地や話題のカフェなどがそうだ。
今は一人で出かける時間の方が多いが、いずれ友達や家族と出かけることができるようになったら、誰かと一緒に出かけてみようと思う。

この記事をシェア

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

contact us

かがみよかがみのソーシャルメディアのアカウントです。ぜひフォローして、最新情報をチェックしてください。

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

かがみよかがみは「私は変わらない、社会を変える」をコンセプトにしたエッセイ投稿メディアです。
「私」が持つ違和感を持ち寄り、社会を変えるムーブメントをつくっていくことが目標です。
恋愛やキャリアなど個人的な経験と、Metooやジェンダーなどの社会的関心が混ざり合ったエッセイやコラム、インタビューを配信しています。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube