特集:あの決断があったから

「なぜ夢を追わないのか」突き動かされた私は今、カンボジアにいる

あの決断があったから

あの決断があったから

この特集の記事一覧へ

7年間目指し続けた「正解」を、たった1回の出会いで捨てた。
そして私は今、カンボジアにいる。

5ヶ月前の秋の夜。心に突き刺さった問いが私を動かした

4月のカンボジアは気持ちがいい。
朝5時になると、近くのお寺から丸っこい音楽が流れ、鳥たちが元気よく鳴き始める。
宿舎の屋上に上がり、土埃に薄汚れたヨガマットを広げる。
朝焼けの空を眺め、涼しい風を浴びながらヨガをするのが日課である。
「生きててよかった」
そう思う瞬間だ。

カンボジアに来ることを決意したのは、たった5ヶ月前である。
忘れもしない、秋の夜。
「夢があるなら、なぜその夢にまっすぐ向かわないのか」
心の突き刺さった問いが、私を動かした。

5ヶ月前、私はコロナで延びに延びた長期留学でオランダに行く予定だった。
長期留学は高校生の頃からずっと目指してきた。大学に入学し、留学から帰国した先輩たちの冒険譚を聞きながら、きっちり計画を立て、着実に準備を進めていた。
そして2年前、大学3年の4月。長期留学が決まった矢先にパンデミックは始まった。
その後は「来学期はいける」と言われながら、応募しては、中止になった。
学年だけは勝手に上がっていく。周りの友人はこぞって留学を諦めて就活をしていた。
私も同じように就活を始めた。
でも就活をすればするほど、モヤモヤとした感情が色濃くなっていった。

文系大学生は夢がある方が生きづらいけど、大学院へ進学を決めた

私にはやりたいことがあった。
NPOの研究。
それを志して大学も選んだ。
でも実際に大学生活を送ってみて気づいたのは、文系大学生は「夢」がある方が生きづらいという現実だった。
専門性などない私たちは、組織の色に染まりやすい方が、会社としてもいいのだろうか。
やりたいことなどない方が、レールの上にしっかり乗ってくれて良い「人材」なんだろうか。
就活の説明会で、大真面目に首を縦に振りながら話を聞いている就活生たちに、私はついていけなくなった。
そして私は就活をやめた。
大学の先生にも、初対面の社会人にも「文系が学部卒で大学院に行ってどうするんだ」と言われながら、「NPOの研究がしたい」という夢を追って大学院に行くことを決めた。

感じていた「正解」はコロナで崩れ去り、向かう先が分からなくなった

夢を追う人に対して、少なくとも私の周りの社会は優しくはなかった。
「NPOの研究なんかして何になる」
言い返せるだけの材料を持っていなかった私は、だんだん「NPO」という単語を使うことさえ憚り、自分の夢を言葉にしなくなった。

そんな私の心の拠り所は、まだ残してあった留学という選択肢だった。
しかし、学生期間を延長してまで手にした留学への切符は、手の中でその価値を失っていった。
行きたかったアメリカに行けなくなったのだ。理由は大学院生だから。
コロナは誰のせいでもないけれど、たった数年歳を重ねただけで挑戦する資格さえ失っていた。
それでも周りのサポートの甲斐あって、なんとかオランダの留学に決めた。志望理由をひねりだしてなんとか書き上げた。

コロナが始まるまで、大学の2年か3年で留学して名のある企業に就職することが「正解」だと思っていた。
コロナでその「正解」が崩れ去ったあとに、見せつけられたのは、大学を4年で卒業して、一流の企業に就職するという次の「正解」。
戸惑いながら色褪せた方の「正解」を追い続けたけど、この先にいったい何があるのだろうか。
私はもうどこに向かえばいいのかわからなくなっていた。

初めてもらった温かい言葉。話して考えて、私の腹は決まった

そんな時、忘れもしない出会いがあった。
肌寒さを感じ始めた秋の夜、小さな居酒屋にて。
知り合いの紹介で、あるNPO法人の創設者に会った。
「この人はNPOの研究をしてるんですよ」
紹介されたものの、自信なさげに座っている私にその人は言った。
「いいね!君は10年後の未来を見てるよ」
私は目を見開いた。
4年間で初めてだった。
こんなにも心が温かくなるような応援の言葉をもらったのは。

この人の組織に行きたい。帰り道の電車の中で、このNPOのホームページを探した。
応募できるポストがあった。
場所はカンボジア。
よく相談に乗ってもらっていた社会人の先輩にメッセージを送る。
「急な話ですが、進路に迷い出しました。ご相談させてください」
1週間で10人ほどと話した。何度も自分の直感を疑った。
話せば話すほど私の思いは、心にストンと落ちていく言葉に精製されていった。
私の腹は決まった。
この組織で働きたい。

無事に採用されてカンボジアに渡った。
大学院生としてNPOの研究をしながらカンボジアで働く。
とっくに「正解」からは遠ざかってしまった。
でもここは、「夢」を追えと、言ってくれた人がいる場所。

「この決断でよかった」と日本に帰るときも言えるように、私はこれからも「夢」を追う。

この記事をシェア

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

contact us

かがみよかがみのソーシャルメディアのアカウントです。ぜひフォローして、最新情報をチェックしてください。

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

かがみよかがみは「私は変わらない、社会を変える」をコンセプトにしたエッセイ投稿メディアです。
「私」が持つ違和感を持ち寄り、社会を変えるムーブメントをつくっていくことが目標です。
恋愛やキャリアなど個人的な経験と、Metooやジェンダーなどの社会的関心が混ざり合ったエッセイやコラム、インタビューを配信しています。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube