直接は政治が関係していないかもしれない、でも、えらい賢い大人がなんとかしてくれないと困ることは、世の中にはたくさんあると思う。
当時は気がつかなかったけれど大人になってみて、ああ、あの時実は嫌だったんだな、とやっとわかることもある。
そんなひとつのエピソード。

◎          ◎

中学生がハーフパンツジャージを履いているのをみた時。
高校生がスカートに白いワイシャツをきているのをみた時。
わたしは無性に悲しくなる。
あの格好をするのが実はかなり苦しかったのだなと、今頃になってやっとわかった。

いろいろなことの多様化が認められようとしている。
ジェンダー、性自認、恋愛、結婚、出産、服装、好み。
みんなで得体の知れないものを認めようと必死になり過ぎて、私たちはむしろその「マイノリティ」の型にはめ込む事しか見えていないのではないか。

短いズボンを。スカートを。白いシャツを。体の露出が多い格好や体のラインがわかりやすい格好を、制服や規定として定められた事が苦しい。
だからと言って、わたしはスカートに抵抗があって自分が男の子だと思っているわけではない。
過去に怖い性犯罪にあったことも幸いにしてないし、そういったトラウマが原因というわけでもない。
うまく言えないけれど、ただ嫌だった。
そこに社会が認めてくれそうなはっきりとした理由やボーダーはなかった。

◎          ◎

誰かが「なんか嫌だ」と思う可能性のあるものまで決まりとして取り締まる理由は、あるだろうか。
多分わたしはただ肌の露出が多い服装が嫌で、体のラインがわかりやすい服装が嫌なのだ。
学校を卒業してもそれは変わらない。好き好んで、そういった服装を避けている。

無意識にセクシャルな何かを怖がっているのかも知れないし、実は思いの外寒がりなのかも知れないし、はっきりとわからない。でも嫌だ。とにかく嫌だ。
今のわたしは、毎日膝上の長さのハーフパンツやスカートを履けと言われたら、多分死のうとするだろう。
白い体操服やワイシャツを着ろと言われても。
怖いと嫌だの中間点。
街中の中学生、高校生たちは困っていないだろうか。
疑問にも思っていないのだろうか。当時のわたしみたいに。それが若いということなのか。いや、青いのかも知れない。
わたしはあなたたちを街中で見かけると、なぜだかものすごく苦しい。
あんな格好で外を歩かせるなんて、電車に乗らせるだなんて。
とても信じられない。
子供たちを守る気が本当に大人たちにあるようには、とても思えない。
これはわたしの認知の歪みなのか。
わからない。

◎          ◎

これは服装だけの話でないと思う。
例えば、何かを好き嫌い言うと、それがごく一般的な回答でない場合にどこかのマイノリティへ分類されることになるだろう。
それがわからないなりのわたしたちの「理解」だから。
あなたスカート嫌なのね。心は男の子なのね、と。
わたしだってしてしまうだろう。
無意識なマイノリティへのカテゴライズのために、わたしに傷つけられた人もきっといるのだと思う。申し訳ない。本当に本当に。でもその数は少なくないように思う。

この次元を克服するために、わたしたちはどうしたら良いのだろう。
わたしはどうやったらこの理解されない立場を、なんとなくの嫌だを言い出せない立場を、そして他者を理解できない立場をもを脱する事ができるのだろう。

◎          ◎

とにかく多くのパターンを知る事ができたなら。
心の性と体の性が合致しないわけじゃない、けれど異性的な服装が好みな人もいると。
そういうグレーゾーンと思われがちな例がこの世に幾つ存在するのか。想像しただけでもくらくらしてくる。
でもそういった事が大切なのではないか。
一歩になるのではないか。もしかしたら。

専門家のひとたちが、わたしたちの前でもっといろいろなことを話してくれたら。
それが政治に、学校に、会社に反映されていったら。
それが社会の空気に反映されていったら。

そう願わずにはいられない。
わたしたちにその寄り添いあいの体力があると信じて。