私と同年代の娘がいた彼の「さようなら」。私はありがとうと言いたい

最後の言葉は彼の冷たい「さようなら」だった。
彼と出会ったのは前の職場だった。私は一目惚れだった。
同じ部署だったので、飲み会やご飯に一緒に行くことが多く、気軽に話せる仲になった。
彼は私と同じくらいの年の娘がいて、独身だった。

◎          ◎

私が会社を辞める時、彼と2人で飲み、一夜限りの関係になった。
元々彼のことが好きだったので、彼は彼女を作る気がなかったみたいだが猛烈にアタックをして、私は4年越しの片思いを成就させた。
年の差がありながらも、まるで自分の友達のように話せる関係だった。毎日が新鮮で楽しかった。
しかし、私はその頃知らなかった。
仕事を真面目にこなし、紳士で優しい彼しか見えていなかったことを。

付き合っていくうちに、彼は自分自身に対してものすごく自信がないことに気づいた。自分のことが嫌いで、そして未来が見えないことに対しての不安を抱えていた。
私の考え方と全く違っていた。
私は「人生何とかなるし、夢は叶う!」と基本的に楽観的な性格だが、彼は「何とかなる、がわからない。未来が不安」と真面目で慎重で繊細な性格だった。

彼はそんな性格だからか、周りにも優しく謙虚だった。本当はこうしたい、ああしたいという気持ちを抑えていた。
心の内を抑えている彼に「私には正直にもっと言いたいこと言って、自分の心の中の気持ちを教えて」と伝えた。
彼は今までの抑えていた気持ちを話してくれた。
知らなかった話を聞けて嬉しかったし、悩んだ時は2人で解決していこうと約束をした。

◎          ◎

私は彼とデートご飯に行くのがとても好きだった。一緒にいるだけでよかった。
だが彼は、デートの後に必ず私に聞いてくることがあった。
「俺と一緒にいて楽しい?もっと俺よりいい人がいるんじゃないのか?」と。
年の差ゆえの問題や葛藤が彼の中にあった。
私は一緒に出かけて楽しかった思い出に浸っている時に、そのようなことを言われるのが悲しかった。
「私は楽しいし、あなたともっと一緒にいたい」と、彼が納得して安心するまで何度も言った。
私は自分の思っていることをたくさん伝えているのに、なぜだか彼には伝わっていない気がする。そう考えたら、だんだん彼と一緒にいるのが苦しくなってきた。
そして彼は毎朝、「仕事が辛い、苦しい」とメールを送ってくるようになった。
そのメールが来るたび、私は「辛い時は逃げ出していいんだよ。自分を優先して」と伝えていた。
徐々に彼は「そんなことはできない」と、できないことを理由に私の話を聞かなくなった。私は自分自身を否定されている気がした。
そして私もできないと思うことが多くなった。

◎          ◎

ある日、私は耐えられなくなって、毎朝来る連絡を無視するようになった。メールがない日があるとホッとする自分がいた。
来ない数日が続いて、安心しきっていたら彼から連絡がきた。
「俺と一緒にいて楽しい?」
私は正直に答えた。
「楽しいけど、時々あなたの考えていることがわからなくなる」
彼は「じゃあ別れようか」と一言だけ。
メールのやり取りだったので、私は会って話がしたいと言った。
その後、急に連絡がつかなくなって、あぁこれで終わりかと察知し、泣いた。

泣いているうちに、私は彼の少しでも支えになりたかったが、これ以上、私自身を犠牲にしてまで彼を変えることはできないことに気づいた。
たくさん泣いて吹っ切れようと思った頃、彼から「会って話がしたい」とメールが来た。何を言われるか覚悟をしながら彼のところに向かった。
向かっている最中、私は私自身を大切にもっと好きになるべきだ、私自身を大切にするために別れよう、と決めていた。

会うと彼から謝られた。
「もう少しだけ一緒にいてほしい」
そう言われた時、「この間の別れ言葉はなんだったの?」と私の中で怒りと悲しみが出てきた。彼は私のことを都合よく思っていたのか?私は彼のなんなんだろう?と考えているうちに、私から「もう一緒にいることはできない」と言ってしまった。
彼の顔が曇った。
だが私は彼に「もっとあなた自身を大切にしてほしい、自分に優しく接してほしい。変わらないと」と伝えた。
彼は「わかっているけど、どうしたらいいかわからない」と泣きながら言った。

今まで長年自分に厳しくしていた彼には、自分にどうやって優しく接するのかがわからなかったのだ。
彼は泣きながら「もう帰ってください」と私に言ってきた。
そしてハエを追い出すかのように「さようなら」と一言だけ言い、大きな音でドアを閉められた。
私はこれでよかったんだと、自分に言い聞かせていた。

◎          ◎

別れた後、寂しくてやっぱり一緒にいたい、もう一度戻りたいと思った。
だけど冷静に考えると、また同じことを繰り返して私が傷ついてしまうのでは?自分自身を大切にできない、と思って彼のところに戻ることを諦めた。

彼はもう会ってくれない。
会うこともない。
だが今の私はあなたといた時よりもずっと成長している。
私は私自身を好きになることができた。
自分に自信を持つことで毎日が楽しくなるんだ。
優しくすることで、気持ちも変わってくるよ。
もし、もう一度彼に会うことがあるならば、彼にそう伝えたい。
彼からたくさんのことを教えてもらい、大切なことに気づかせてくれた。
私は「さようなら」よりも、「ありがとう」って言いたい。

この記事をシェア

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

contact us

かがみよかがみのソーシャルメディアのアカウントです。ぜひフォローして、最新情報をチェックしてください。

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

かがみよかがみは「私は変わらない、社会を変える」をコンセプトにしたエッセイ投稿メディアです。
「私」が持つ違和感を持ち寄り、社会を変えるムーブメントをつくっていくことが目標です。
恋愛やキャリアなど個人的な経験と、Metooやジェンダーなどの社会的関心が混ざり合ったエッセイやコラム、インタビューを配信しています。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube