特集:バレンタインの思い出

毎年思い出す、私からのチョコを大事に保管してカビを生えさせた彼

バレンタインの思い出

バレンタインの思い出

この特集の記事一覧へ

私が小学生の時のバレンタインは、毎年数人の男の子にチョコを渡していた。
そのほとんどが、母親同士のお付き合いの“お世話になっていますチョコ”。
その沢山の義理チョコに紛れて、私の本命の相手にもチョコを渡す。
母親には、私の本命が誰なのかがバレないように、と思いながら。“仲が良いから”と言って誤魔化していた。

本命の相手であっても、義理であってもチョコを渡すのが得意ではない

でも、私はチョコを渡すのが得意ではない。
私の代わりにお母さんが渡してくれればいいのに!と思っていた。
人気が少ない放課後を狙って、チョコを「はい」とだけ言って、ぶっきらぼうに手渡す。
これが本命の相手であっても、義理であっても渡し方も添える言葉も同じ。
本命の相手に、これは“告白”なんだと認識してもらえるような言葉は何も言えずに。
一方的に渡すだけ渡して気が済んで、走って逃げる。
それが恥ずかしがり屋の私に出来る精一杯だった。

当時の私の女心は気が多くて変わりやすい。
小学生なんてみんなそんなもんなのかもしれないけど。
だから、毎年チョコを渡す相手は変わっていたし、“好き”って言っても真剣なものではなくて、軽やかな“気になる”くらいのもの。
その年のバレンタインは、特に熱い感情を込めた相手ではなかったのだけれど。

渡したチョコを喜んで、大事に1年も保管してくれたケイスケくん

沢山のチョコの1つをケイスケくんに渡した。
ケイスケくんは、私から貰ったバレンタインのチョコがめっちゃ嬉しくて、勿体なくて食べられなかった。
大事に冷蔵庫にずっと保管していたそうだ。
そうして1年ほど経って、チョコの様子を開けて見てみるとカビが生えていた。
それを見たケイスケくんは悲しくて泣いていたらしい。
その話を、ケイスケくんの母親から私の母親の耳に入り、私は母親から聞いた。
とんでもなく驚いたと同時に照れた。そんな人がいるんだ!と。
今のその人にとったらそんな昔の話、覚えてすらいないんだろうけど。
普通にケイスケくんからお返しのホワイトデーは返ってきたし、そんなに私が渡したチョコを大事にとっておいてくれていたなんて、母親から聞くまでは全然知らなかったし、ケイスケくんからもそんな素振りは一切見られなかった。

渡したチョコは、ケイスケくんよりも先に、カビが食べていたみたいだ

子どもらしい、ピュアな心を持っている人だった。
今まで私が出会ってきた人の中でも1番純粋な心の持ち主と言えるんじゃないかと思うくらいだ。
もっとその話を早く言ってくれたら良かったのに。
新しいチョコをまた渡し直せたのに。

私が渡したチョコは、さっさと食べられて消えてなくなったんじゃない。
ケイスケくんよりも先に、カビがチョコを食べていたみたいだ。
食べて消えてなくなるよりも長い間、そのチョコがケイスケくんの中で何らかの意味を持ち続けた事が私は嬉しい。

結局、その後もケイスケくんとお付き合いすることはなかった。
今ではもう疎遠で、進学で離ればなれになり、中学を卒業して以来会っていない。
二度とケイスケくんに会うこともできないかもしれないけど、このエピソードだけは、今までのバレンタインの中で1番嬉しくて、私も絶対に忘れたくないと思うくらい美しい、思い出に残っているバレンタインだ。

バレンタインの季節になると、毎年この話を思い出すとともに、ケイスケくんを思い出している。

この記事をシェア

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

contact us

かがみよかがみのソーシャルメディアのアカウントです。ぜひフォローして、最新情報をチェックしてください。

あなたもエッセイを投稿しませんか

恋愛、就活、見た目、コミュニケーション、家族……。
コンプレックスをテーマにしたエッセイを自由に書いてください。

詳細を見る

かがみよかがみは「私は変わらない、社会を変える」をコンセプトにしたエッセイ投稿メディアです。
「私」が持つ違和感を持ち寄り、社会を変えるムーブメントをつくっていくことが目標です。
恋愛やキャリアなど個人的な経験と、Metooやジェンダーなどの社会的関心が混ざり合ったエッセイやコラム、インタビューを配信しています。

メンバー 検索 Facebook Instagram LINE Mail Mail Magazine Twitter Web Site YouTube